業界最新トレンド
東京都大田区が生み出した高齢者向けの“キーホルダー”が、地域住民の評判を呼び、全国の自治体からも注目を集めています。

その名も「見守りキーホルダー」。大田区の地域包括支援センター、通称「さわやかサポート」が2009年から始めた取り組みで、地域で暮らす65歳以上の高齢者で希望する人が、緊急連絡先やかかりつけの医療機関、病歴といった医療情報を区に登録すると、個別の登録番号が入ったキーホルダーとマグネットが配布されるというもの。

高齢者が登録番号入りのキーホルダーを身に着けることで、外出時などに万が一の事態が起きたとしても、医療機関や警察からの照会が迅速に対応できるとされています。

また、キーホルダーは“配布したら終わり”ではなく、登録情報を年に1回、誕生月に必ず更新することを基本としているため、介護の必要がない高齢者との間にも、必然的に地域とのつながりを生み出すことができると期待されているんです。

はじめは一部地域での取り組みだったものの、いまでは大田区全域で登録ができるようになり、キーホルダーの利用者は年々増加。全国の自治体からの問い合わせも相次いでいるのだそう。

キーホルダーといえば、アメリカ兵が自分の身元証明として首からぶらさげている認識票「ドッグタグ」が高齢者の身元証明に活用できると、静かな人気を集めているという話もあります。

GPS機能を搭載したハイテク機器で見守るシステムなどがある一方、こうしたシンプルなカタチで高齢者の安心や安全をサポートする取り組みも広がっていきそうですね。
[
文: 成田敏史(verb)
イラスト: 株式会社コットンズ
]
こんな記事もおすすめ!
業界最新トレンド
過去の記憶にある目的地へ 時空の旅をエスコート
ヘルプの勝手にPICK UP!
書籍「徘徊タクシー」
更新日:2年前
VIEW4,167
業界最新トレンド
アクティブシニアのための街 アメリカ発! リタイアメント・コミュニティ
更新日:2年前
VIEW3,162
業界最新トレンド
国内ベンチャー、大手企業も出展! 全世界が注目する最大規模の福祉機器展
更新日:2年前
VIEW3,251
業界最新トレンド
スタッフとのおしゃべりで孤立化を防ぐ 家族の絆も深まる会話型見守りサービス
更新日:1年前
VIEW3,404
人事ヘルプマン
週休3日勤務制度導入!正社員も対象に 増えた休みでケアマネージャーの勉強も
株式会社グッドライフケアホールディングス
宮本尚登さん
更新日:1ヶ月前
VIEW3,825
業界最新トレンド
「孤独」に苦しむあらゆる人を救う コミュニケーションロボット登場!
株式会社オリィ研究所
吉藤 健太朗さん
更新日:2年前
VIEW4,036
ヘルプマン
地域から病院がなくなったって 幸せは、きっと守れる
南日本ヘルスリサーチラボ
森田 洋之さん
更新日:1年前
VIEW5,607
HELPMAN JAPAN    活動紹介
介護の未来のヒントを探る、 「介護男子のリアル」に行ってきました!
2015/11/11 介護男子スタディーズプロジェクト@六本木
更新日:1年前
VIEW4,987