facebook
twitter

HMJ活動紹介

2018.08.20 UP

HELPMAN JAPAN 2018年8月の活動紹介と情報提供

■今月の一押し介護現場業務支援ツール

1) ユマニチュード導入で離職率が減る施設があります
ユマニチュードは一例ですが、いいケアをするとご利用者満足度が上がり、職員の満足度も上がるそうです。技術系研修と技術系以外の研修、両方が大事ですね

 

2) アズパートナーズ社が開発をしたスマートフォン一台で介護士の業務が完結する「EGAO link」が他の介護事業者へのシステムの紹介を始めています
https://helpmanjapan.com/article/5988

 

3)職場間の連携取れていますか
本部と現場、現場の中の他職種、これらの間で連携が取れている事業所ほど従業員満足度が高いというデータがあります。
最近は、社内報やクレドカード、1人のご利用者の希望や夢の共有カード等を発行し、情報伝達のあり方を見直す施設が増えています

 

■HELPMAN JAPAN前月までの記事更新情報

1)”介護する側”の支援を行う社会福祉士
【介護離職を社会からなくしたいと願う一人の社会福祉士の方の取組】
https://helpmanjapan.com/article/7690

 

2)移動店舗、買い物支援で生活難民を支援
【ビジネスと社会課題の両立を目指した取り組みです】
https://helpmanjapan.com/article/7664

 

■人事ご担当者様お役立ち情報

1) 理想の管理者のあり方とは
HELPMAN JAPANで離職率が高い施設の管理者と低い施設の管理者とで、その違いがどこで生まれるかを調査した結果、「そのスタンス・行動」においてある共通点が見られることが分かりました。
具体的には、離職率が低い理想的な管理者は、「施設の方針を立て、職員の理解を得られるような現場の出方をしており、必ず施設に1人以上のキーパーソンがいる」のです。
ここで重要なのは、理念と方針の違いです。法人理念はどの事業者でもありますが、理念ですと概念的な表現のことが多く、職員の”普段”の行動に及ぼす影響はそこまで大きくありません。
そこで、施設長が理念と現場の職員を繋ぐ方針を立てる必要があるのです。
また、それらの方針を職員に浸透させるのは、職員との信頼関係がなくてはなりません。
その信頼関係を構築するために現場理解をするというスタンス、行動が必要です。
最後にキーパーソンの話ですが、管理者一人で現場を見るのは限界があります。
管理者の代わりに方針を発信し、現場を見てもらえるキーパーソンを養成できると、本当の意味で芯が通った強い施設になります。
これらは管理者の基本的役割は現場で直接ケアをすることではなく、いかに管理者の望むケアを職員を通してご利用者に提供できるかと思考することがベースになります。
【参考:HELPMAN JAPAN研修】 http://helpmanjapan.com/lp/biz/?aboutus

 

2)採用活動における選考時にお伝えしている内容と現場の実態のかい離について
介護業界の職員は採用時に面接官から伝えられている情報と現場の実態が合っていない時に職場で不満を感じることがHELPMAN JAPANの調査で明らかになっています。
「聞いていた話と違う。そのような話は聞いていない」というギャップが離職に繋がるのです。
皆さんの施設では面接官はどのように施設のことを話していますか?
【参考:HELPMAN JAPAN面接対策プログラム】http://helpmanjapan.com/pdf/mensetsuryokuseminar.pdf

 

3)経営者や本部職員が現場職員との接点を求めるケースが増えています
最近、現場職員との面談や会議を進んで行う事業者が増えています。
これらには、現場で何が起こっているかという実態把握に加えて、現場職員にとって経営者や本部職員に話を聞いてもらうことによって、法人への帰属意識や現場での改善意識を高める貴重な機会になっているそうです。

 

■2018年度サービスラインナップ

【HELPMAN JAPANサービス一覧】http://helpmanjapan.com/aboutus
【HELPMAN JAPAN講演活動】http://helpmanjapan.com/article/5890

1)定着支援領域
【HELPMAN JAPAN研修】http://helpmanjapan.com/lp/biz/?aboutus
【職場環境実態把握ツールはたけあ】http://helpmanjapan.com/article/6133
【介護福祉士試験対策サイト ケアトレ】https://caretore.com/
【HELPMAN JAPAN 行政・自治体ページ】http://helpmanjapan.com/article/category/news

2)ブランディング領域
【福祉の教材】http://helpmanjapan.com/article/7420
【HELPMAN JAPAN WEBサイト】http://helpmanjapan.com/
その他、世論調査・業界調査など

3) 採用領域
【介護業界人事部向け 採用情報発信サイト】https://helpmanjapan.com/article/category/personnel
【企業向け面接対策プログラム】http://helpmanjapan.com/pdf/mensetsuryokuseminar.pdf
【採用支援サービス(コンサルティング)】http://helpmanjapan.com/pdf/saiyoshien.pdf
その他、人材紹介など

 

お問い合わせはこちらから http://helpmanjapan.com/inquiry

一番上に戻る