ケアトレ
介護福祉士法の改正により、一定の研修を受けた介護福祉士および介護職員の方でも、医療行為であるたんの吸引などを行うことが可能となりました。これに伴い、今年度の介護福祉士の筆記試験では、「医療的ケア」の知識・技能を確認するための設問が5問追加されます。介護福祉士試験は、各試験科目で1問以上正解していないと不合格となってしまいますので、「医療的ケア」の出題内容をあらかじめ確認しておきましょう。

医療的ケアの出題内容は?

介護福祉士の指定試験機関である公益財団法人 社会福祉振興・試験センターに掲載されている試験科目別の出題基準を見ると、「医療的ケア」の領域における出題内容は、大きく3つの項目に分類されています。

1. 医療的ケア実施の基礎
介護職員が医療行為を行うことに対して、その役割や制度的な知識などが問われます。また、出題範囲には、下記に記載する喀痰吸引や経管栄養の安全な実施に向けて必要となる知識(救急蘇生法や消毒法など)も含まれます。

2. 喀痰吸引(基礎的知識・実施手順)
たんを自力で体外に排出できない高齢者や障がい者に対して、装置を使って吸引することを「喀痰吸引」といいます。
試験では、その吸引の方法や留意点、事故発生時の対応方法などが問われます。

3. 経管栄養(基礎的知識・実施手順)
口から食事を取れない高齢者や障がい者に対して、鼻や胃・腸に穴をあけた場所から、チューブを差し込んで栄養を摂取してもらうことを「経管栄養」といいます。
「2.喀痰吸引」と同様、経管栄養の方法や留意点、事故発生時の対応方法などが聞かれます。

「医療的ケア」は専門性が高い領域ですので、実施手順はもちろんのこと、実施上の留意点や緊急時の対処法など安全・確実に医療行為を行うための技能・知識についても聞かれる可能性が高いです。
試験センターのページでは各項目に対して細かく出題基準が例示されていますので、受験される方は必ず確認しましょう。
また、介護福祉士の試験対策サイト「ケアトレ」では、「医療的ケア」の予想問題が掲載されています。試験前にどのような問題がでるのか、ケアトレを使って対策を立てておきましょう。

「介護福祉士試験における医療的ケアの出題内容」の資料を印刷して、施設の掲示物や回覧資料として使ってみよう!

今回ご紹介した内容を施設や事業所内でご活用いただくため、印刷用の資料をご用意しました。
資料を印刷して掲示板などに貼り出せば、受験予定の職員の方への参考情報としてお使いいただけます。
下記URLから資料のダウンロードが出来ますので、是非ご活用ださい!
http://helpmanjapan.com/pdf/ctr_medicare.pdf

(出展元)
財団法人 社会福祉振興・試験センター:介護福祉士国家試験 試験科目別出題基準
[
文: 佐藤 文彦
イラスト: 佐藤 文彦
]