対談
「今月のヘルプな人」第4回(前編)/日本の介護をテーマにした漫画『ヘルプマン!』(講談社)の作者・くさか里樹さんが、さまざまなジャンルの“ヘルプな人”と対談するコーナー。第4回のゲストは、かわいらしい山形弁と笑顔が人気のタレント・佐藤唯さんです。土曜朝の情報番組「にじいろジーン」の名物コーナー「じぃちゃん!ばぁちゃん!唯が行ぐがらな~♪」で、初対面のお年寄りともすぐに打ち解けている佐藤さん。自然体のコミュニケーションができるワケは、ひいばあちゃん子だったから? 今回の対談は、神奈川県藤沢市で高齢者福祉サービスを提供している「あおいけあ」さんにおじゃまして行いました。利用者さんたちに囲まれて、和気あいあいとしながら行われた対談をお楽しみください!(対談の模様は、9月・10月の2回にわたりお届けします)

“ばばちゃん子”だったから
新コーナーの話はうれしかった!

_DSC1253
うーん、ダメだ…。
_DSC1339
せ、先生、どうしたんですか?
_DSC1236
いや、今日は「じぃちゃん!ばぁちゃん!唯が行ぐがらな~♪」の話を
伺おうと思ってたんですけど、唯ちゃんがかわいすぎてマトモに見れない…(照)。
_DSC1307
えー!? (笑)
_DSC1236
気を取り直して(笑)。あのコーナーはいつから始まったんですか?
_DSC1339
5年前くらいですね。
はじめは他のコーナーと週替わりだったんですけど、
ご好評いただいて、レギュラーコーナーになったんです。
_DSC1253
田舎に住むじじばばに会いに行くという内容に、抵抗はなかった?
_DSC1183
とてもうれしかったです! 
私はおばあちゃんが早くに亡くなってしまって、
ひいばあちゃんに育てられたんですよ。
山形ではひいばあちゃんのことを「ばばちゃん」と呼ぶんですけど、
保育園の送り迎えとか、全部ばばちゃんがやってくれて。
_DSC1236
かわいい呼び方(笑)。一緒に住んでたんですか?
_DSC1307
いつも一緒でした。
だから、じいちゃんばあちゃんは大好きで、
ロケはいつも楽しみにしているんです。
もっと読む

じいちゃんばあちゃんが元気だから
視聴者も元気になれる

画像/対談場所の「あおいけあ」は、地域と密着した高齢者福祉サービスを提供している介護施設。小規模多機能型居宅介護「おたがいさん」、小規模多機能型居宅介護サテライト「いどばた」、グループホーム「結」が同じ敷地内にあり、利用者や地域の人でいつも賑わっています。写真は「おたがいさん」を訪れた佐藤さん。東北出身のおばあちゃんとのおしゃべりも弾んでいました!
_DSC1253
番組のロケで初めて行ったところは覚えてます?
_DSC1183
徳島です。つつじの花をお刺身のツマとして出荷している農家さんでした。
1回目だから私もスタッフさんも何をしたらいいかわがんねくて。
とりあえずお花の収穫やパック詰めをお手伝いして、
確かオムライスを私が作りました(笑)。
_DSC1236
ハイカラ(笑)。
_DSC1339
いまは、作業をお手伝いさせてもらいながら
じいちゃんばあちゃんのいままでの人生観をお聞きしたり、
郷土料理を教わって一緒にいただいたりというロケなんですけど、
そのときは本当に手探りだっけがら。
_DSC1236
あのコーナーを見ていると、元気になりますよ。
出てくるじじばばが元気だから。
_DSC1339
そうですね、私たちも元気になります。学ぶことも多いし。
_DSC1253
じじばばに“何かをやってあげる”というかたちで始まったコーナーが、
お料理を教えてもらったり元気をもらったりと、
“何かをしてもらう”というふうに変わったことが面白いなあ。
なんだか介護業界の話を聞いているようで。
_DSC1339
介護業界、ですか?
_DSC1253
介護って「利用者に何かをしてあげる」というイメージが
あるかもしれないけど、それって違うんです。
例えばこの「あおいけあ」って、利用者の人がゴミ出しを手伝ったり、
ぬか漬けの面倒をみてるでしょう?
_DSC1183
確かに! 介護施設というより
じいちゃんばあちゃんのシェアハウスみたい(笑)。
_DSC1236
そうそう(笑)。
すると、皆さん元気になるし、楽しい介護現場になる。
いま、こういう施設がどんどん生まれているんですよね。

農作業のこと、
夫婦円満の秘訣も聞いちゃいます

_DSC1253
番組のロケの話で、
「じいちゃんばあちゃんから学ぶことが多い」と言ってたけど、
例えば、どんなことですか?
_DSC1307
農作業のことだったり。あと、夫婦間のことですね(笑)。
_DSC1236
大先輩だから(笑)。
_DSC1183
夫婦円満の秘訣を聞くと、
「我慢せずにお互い言い合うこと」っていう方もいるし、
「男は何も言わないで女を立てる」なんて話すじいちゃんもいて。
んだのがー!って(笑)。
_DSC1236
(笑)。
それにしても、唯ちゃんはどうしてじじばばと
コミュニケーションをとるのが上手なんでしょう?
特別なテクニックがあるんですか!?
_DSC1307
いやいや(笑)。やっぱり、私のばばちゃんのおかげだと思います。
ばばちゃんがいなかったら私はないし、
寝たきりになってからもご飯を食べさせてあげたりしていて。
それがあるから、じいちゃんばあちゃんとおしゃべりしてても
困ったり疲れたりすることもないし、壁も感じませんね。

じいちゃんばあちゃんの話は
とにかくよく聞こう!

画像/佐藤さんからヘルプマンジャパンにサインをいただきました。このあと佐藤さんは、施設のおじいちゃんおばあちゃんからサイン攻めに!
_DSC1253
いまは核家族化が進んで、
じじばばと年に1回会うか会わないかって人もいるけれど、
そういう人は接し方がわからないと思うんです。
唯ちゃんからじじばばとの接し方について
なにかアドバイスってありますか?
_DSC1339
うーん、人それぞれだと思うんですけど。
例えば、聞きたくないなって思うことがあっても、
それをうるさいなってはね返すんじゃなくて、
「んだのが~、そっかそっか~」って歩み寄って聞くことが大切だと思います。
_DSC1253
とにかく聞く、と。
_DSC1339
普段、一人で家にいるようなじいちゃんばあちゃんって、
話し相手がいないじゃないですか。
こちらがちゃんと話を聞けば、心を開いてくれるかもしれないし。
_DSC1253
そうですね。
_DSC1307
あと、やっぱり家族の時間って限られていると思うんです。
まだまだ元気で長生きしてくれると思っているかもしれないけど…。
特に離れて暮らしている人は、会える回数も限られますよね? 
それを思ったら、もっと大切にしないといけないって感じると思います!

(続く/対談の後編は、10月16日に公開予定)

★くさか里樹のつぶやき★

「こ、この輝きは何だ~!? タレントだからか~!? いや、絶対違う、唯ちゃんがばばちゃん子だからだ! 介護福祉士さんたちの輝きとそっくりですもん!!」(くさか里樹)
[
文: 成田敏史(verb)
写真: 片桐圭
]
こんな記事もおすすめ!
対談
学ぶことが多いし、笑顔もたくさん 介護の世界って楽しそう!
タレント 佐藤唯さん
×
漫画家 くさか里樹さん
更新日:2年前
VIEW3,287
業界最新トレンド
認知症とともに生きる社会をつくる 情報学からのイノベーション
静岡大学大学院情報学研究科
竹林洋一さん
更新日:2年前
VIEW6,445
業界最新トレンド
団地を多世代が生き生きと暮らせるまちに URが進める「地域医療福祉拠点化」とは?
UR都市機構(独立行政法人都市再生機構)
古賀夏子さん
更新日:3週前
VIEW1,465
対談
世の中で一番大切なのは食べること 国も世代もつなぐ料理の魅力とは?
料理研究家 コウケンテツさん
×
漫画家 くさか里樹さん
更新日:2年前
VIEW2,980
対談
お年寄りに新しい趣味を与えられる 介護スタッフが必要
放送作家/脚本家 小山薫堂さん
×
漫画家 くさか里樹さん
更新日:2年前
VIEW4,579
対談
シルバー層の「上質な無駄遣い」が 日本を豊かにする!?
放送作家/脚本家 小山薫堂さん
×
漫画家 くさか里樹さん
更新日:2年前
VIEW3,312
対談
プロレスと介護のつながりは 心・技・体を使って喜びを与えること
プロレスラー 丸藤正道さん
×
漫画家 くさか里樹さん
更新日:2年前
VIEW3,490
対談
プロレスラーほど 介護職に向いている人間はいない!?
プロレスラー 丸藤正道さん
×
漫画家 くさか里樹さん
更新日:1年前
VIEW4,361