業界最新トレンド
世界で初めて公的介護保険制度を導入し、福祉先進国として知られるオランダ。そんなオランダの農家がいま、世界各国の介護関係者から注目を集めているといいます。

世界第2位の農産物輸出国であるオランダでは、自然が豊かで、植物や家畜と触れ合う機会を作りやすい農家を、農作物の生産場所としてだけではなく、精神的・肉体的にハンディキャップがある人や薬物依存のある人の働き口やリハビリ場所として活用してきた歴史があります。

近年では高齢化に伴い、農家に介護施設の機能を加え、資格を持った農民やケアスタッフが要介護の高齢者のケアを行う「ケアファーム」と呼ばれる取り組みも活発になっており、あるデータでは、2001年に300ほどだったケアファームが、2013年には1,500ほどにまで増加しているのだとか。

園芸療法やアニマルセラピーなどの福祉的役割はもちろん、農家にとっても新しい収入源になるとして期待されているケアファーム。日本でも、人の気分を落ち着かせ、心を癒やしてくれる農家や農村地域の多面的機能が注目され始めていますが、全国各地に日本流のケアファームが充実する日も近い?
[
文: 成田敏史(verb)
イラスト: 株式会社コットンズ
]